読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
俺のことなら俺に訊け、俺通信です。 愛です。2001年から書き続け、2014年5月にサーバーを変更しました。 それ以前のテキストはこちら→http://s.maho.jp/homepage/6c55eadec2d1b3bf/

竹槍も 刺されば痛む 掌

子らを授かってから心の底に汲めど尽きせぬ母性の泉が湧いた俺通信です。どんなことがあっても絶対味方でいよう、と思っている。乳歯の一本だって虫歯にさせたくないがために、どんな面倒なことだってやる。万が一にも人道を外れるようなことがあればその後生えてきた永久歯が吹っ飛ぶ程ぶん殴るかもしれない。矛盾を孕んだ愛、その振れ幅は果てしない。さて、今日は愛について話すよ。少し重いね。わたくしの身の上的なアレを遡るとあまりにヘビーな内容になってしまうため諸々割愛しますが、赤ちゃんを両腕に抱くお母さんとして、漫然と生きていたり、ともすれば悪いことをする人に対して複雑な気持ちになる毎日です。子殺しのニュースは胸が痛い。産後検診で「涙もろくなった はい いいえ」の欄で迷わず「はい」を選ぶほど涙腺は脆くなった。多胎出産だったため、産後鬱を心配されることが多いが、育児をしている中でなるほどこれは鬱の崖で両手振り回しながら「あぶな〜い」って、すこやかなあなたたちのみらいのためならおかあさんどうなってもいいあなたたちのためならおかあさんいのちだってなげだせるんですよって泣きながら笑っていたりする。実際死にかけて「あ、私がいなかったら寂しがるから当分死んじゃだめだ」とも思いましたけども。話が少しそれました。健やかに愛されて育ったであろう友達の、嬉しい悲しいに敏感になった。嫌な気持ちになるようなことはなるべく言わないほうがいいんじゃないかなーって言いたい。でもそれは私の個人的な考えの一つに過ぎなくて「お前の正義を押し付けてくんじゃねーよ」と言われたら本当それまでなのでもちろん言えません。ただ、あまりに無神経な言葉が氾濫していると思いませんか?思いやりにかけた言葉爆弾(ワード・ボム)を人に平気で投げつけて笑ったり。具体的には「は?ズルくない?」や「キモいwwwww」など。こういった場合、大抵ズルくないしキモくもない。そして指摘すれば「そんなつもりじゃない」し「悪気はなかった」と言うでしょう。その減らず口を華麗なハイキックで黙らせてやろうかとか思っちゃう。暴力的な考え方をしますよ私は。でも人の事を叩いちゃダメだからやらないけどね。言葉、選びませんかもうちょっと。ねえ、嫌な気持ちになりたくないでしょう。こんな事を書いたからって世界が平和になるとは思わないけれど今日はなんだか書かずにはいられなかった。うまく纏まらず申し訳ない気持ちでいっぱいです。一度には書ききれない。この手のお話は着地点が複数あるため、本日はここまで。