読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
俺のことなら俺に訊け、俺通信です。 愛です。2001年から書き続け、2014年5月にサーバーを変更しました。 それ以前のテキストはこちら→http://s.maho.jp/homepage/6c55eadec2d1b3bf/

変化球ガール 魂の叫びで耳鳴りの巻

「喧嘩したら先に謝ろう、負けるが勝ちだよ!」みたいなトイレの壁的な言葉って一瞬で刺さったらどうしようって警戒しちゃう俺通信です。実家のよく使うトイレの壁にはもちろんそんなののカレンダーがあって、母は「いい言葉が書いてあるから家族に読ませよう」なんてこれっぽっちも思っていなくても、なんとなく読んじゃう。尿意と連動している。因みに妹も弟もちろんなんとなく読んでいるそうです。負けるが勝ちって結局勝ちたくて仕方がないんですね。勝負に勝って試合に負けたみたいなのも、本当に、負けるのがただただ嫌な人って感じがしてしまいます。どうしたって負けたくない、どんな場合においても自分はひとつふたつステージが上だと思っていたいのでしょう。そういう人がいてくれるから「負ける気楽さ」というのがあるのも事実であります。私は世紀末に世界が終わるはずがないと予言を信じなかったのでしっかり貯金をしていましたが、そういったタイプを「勝ち組」とか言い出すやつはつまり世界が滅びるぞ遊んで暮らそうあれおかしいな滅びないミレニアムな「負け組」であるということでよろしいですか?ハレー彗星とか昔の人はめちゃくちゃこわかったんじゃなかろうか。自分一人で死ぬんじゃなくて世界が終わればいいって随分勝手なことを思った、いまはそれがこわくて仕方がない。だからこそ今を生きよう。なんか今日の俺通信ちょっと気持ち悪いね。ごめんね。